韓国人による 事件

「大阪府豊中市強盗殺人未遂放火」事件

年月日 2001年5月22日
加害者 金胄勇(49) 日本人の男(70)

事件の概要

大阪府豊中市の民家で2001年、住人の女性らから現金などを奪って部屋に放火したとして、府警捜査1課は20日、強盗殺人未遂と現住建造物等放火などの容疑で指名手配していた韓国在住の自称溶接工金胄勇容疑者(49)を逮捕した。韓国との犯罪人引き渡し条約に基づき、身柄が引き渡された。同課によると、事実関係は大筋で認めているが、殺意を否定しているという。
逮捕容疑は01年5月22日午前10時ごろ、日本人の男(70)=懲役20年確定=と共謀し、豊中市緑丘の民家に配達を装って侵入。1人暮らしの女性と、たまたま訪れた保険外交員の男性の首を絞めて計約13万円などを奪い、粘着テープで縛った上で放火した疑い。
同課によると、金容疑者の出国記録はなかったが韓国側に所在を照会したところ、03年に暴行事件を起こしていたことが判明。13年11月、韓国の警察当局が日本側の求めに応じて身柄を拘束し、裁判所が今年1月、引き渡しを決定した。

参考文献




「来日しては繰り返し空き巣」事件

年月日 2011年~
加害者 ユン・テグ(44) キム・サンジン(42) シン・ヒョンソク(33)

事件の概要

東京・大田区の住宅に窓ガラスを割って忍び込み、現金およそ20万円などを盗んだとして、韓国人の男3人が逮捕され、警視庁は3年前から日本と韓国を行き来して空き巣を繰り返し、今年(2014年)だけでも被害は都内でおよそ25件、1300万円相当に上るとみて調べている。

逮捕されたのは、いずれも韓国人のユン・テグ容疑者(44)とキム・サンジン容疑者(42)、シン・ヒョンソク容疑者(33)の合わせて3人。
警視庁の調べによりますと、3人は2014年10月9日、大田区大森の住宅にドライバーで窓ガラスを割って忍び込み、現金およそ20万円と指輪などおよそ100万円相当を盗んだ疑いが持たれている。
これまでの調べで、3人は一戸建ての住宅を狙い、インターホンを押して誰もいないことを確認したうえで、住宅に忍び込んでいたという。
警視庁によると、調べに対して、いずれも容疑を認めているという。
警視庁は、3人が、3年前から日本と韓国を行き来して空き巣を繰り返し、今年だけでも被害は都内でおよそ25件、1300万円相当に上るとみて調べている。

参考文献




「大阪市職員ら偽装結婚」事件

年月日 2011年12月3日
加害者 山口真紀(38) 盧淳虎[ノ・スンホ](34)ら男女6人

事件の概要

韓国人兄弟と日本人姉妹2組で偽装結婚したとして、奈良県警郡山署などは2015年4月23日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、大阪市水道局職員、山口真紀容疑者(38)=大阪市東成区大今里=と韓国籍の無職、盧淳虎[ノ・スンホ]容疑者(34)=同市中央区瓦屋町=ら男女6人を逮捕したと発表した。

山口容疑者ら4人は「金もうけをしたかった」と容疑を認めているが、仲介役の2人は否認しているという。

逮捕容疑は、共謀して韓国籍の男らの長期在留資格を得るため2011年(平成23年)12月3日、同市東成区役所などに虚偽の婚姻届を提出したなどとしている。6人は全員顔見知りだった。

参考文献




「観光ビザで入国空き巣」事件

年月日 2012年10月~2013年8月
加害者 劉秉先[ユ・ピョンソン](58)

事件の概要

府警捜査3課と吹田署は2014年2月12日、兵庫県芦屋市内など近畿2府2県の高級住宅地で空き巣を繰り返した、窃盗容疑などで韓国籍の住所不定、無職、劉秉先[ユ・ピョンソン]被告(58)=同罪などで公判中=を逮捕、25件の犯行(被害総額6300万円)を裏付け、最終送検したと発表した。2012年(平成24年)秋以降、観光ビザで入国を繰り返し、短期間で犯行を重ねていたとみられる。

府警によると、盗んだ指輪などの貴重品約100点は大阪市の公園や奈良市の山林に埋めて隠しており、劉容疑者は「持ち歩いていると、職務質問されたときに発覚するかもしれないと思った」と供述しているという。

逮捕・送検容疑は2013年7月30日、芦屋市三条町の男性医師(81)方で現金約900万円を盗むなど、2012年10月~2013年8月、大阪府吹田市佐竹台や枚方市香里ケ丘などで空き巣を繰り返したとしている。容疑を認めているという。

参考文献




「風俗店に就業目的で密航」事件

年月日 2013年5月14日
加害者 

事件の概要

釣り船を利用して日本に密航しようとした韓国人の女性らが福岡と釜山で一斉に摘発された。容疑者らは短期観光ビザで日本に入国後、風俗店に勤務し、摘発され韓国に強制退去となったが、再び密航を試みたとみられる。複数の韓国メディアが2013年5月14日、これを報じた。

韓国メディアは、「風俗店に就業しようと日本に密航、船中でバレた女性たち」、「風俗店の女性従業員、日本に密航」などの見出しで伝えた。

最近4年間で38人が日本に不法入国しようと海洋警察に摘発されたが、多くの密航は組織的に行われたとみられている。

今回、韓国の海洋警察は日本に密航しようとした4人のうち1人に対して拘束令状を申請し、残りの3人を書類送検した。

また、逆に釜山に行くための船を福岡で待っていた不法滞在の韓国人6人も日本の海上警察に摘発された。

韓国と日本で摘発された女性たちは、ほとんどが日本で強制的に退去させられたことのある風俗店の女性従業員たちで、通常の方法では、日本に入国することができなかった。

日本で摘発された韓国人6人は、今月末にも韓国に身柄を移送される予定だという。

参考文献




「娘に会うため来日した女、コンビニ立てこもり」事件

年月日 2013年11月1日
加害者 李鍾錫(54)

事件の概要

2013年11月1日午前3時10分頃、東京都新宿区新宿のコンビニ店「ローソンストア100新宿一丁目」で、女が果物ナイフで男性店員(24)を脅しレジから約7万6000円とたばこ2箱を奪った。
女は店内に立てこもったが、約40分後、四谷署員に強盗などの疑いで現行犯逮捕された。
逮捕されたのは、韓国籍で住所不詳、無職李鍾錫容疑者(54)。8月下旬に韓国から入国しており、調べに対し、「娘に会うため日本に来た。金がなく、たばこが吸いたかった」と供述している。

参考文献




「韓国いか釣り漁船漁具規制違反」

年月日 2013年12月7日
加害者 金 鳳春[キム ボンチュン](52)

事件の概要

2013年12月7日、水産庁漁業取締船「白嶺丸(はくれいまる)」(499トン)が、山口県萩市見島所在見島北灯台北北西約100キロメートルの我が国排他的経済水域(EEZ※)において、我が国農林水産大臣の許可を受けて操業していた韓国いか釣り漁船に立入検査を実施したところ、許可に付された1隻当たりの光力を141キロワット以下とする制限又は条件に違反し、光力の総和が165キロワットとなる集魚灯を使用して操業を行っていることが判明したため、同船船長を排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律第12条違反(漁具規制違反罪)の疑いで12月7日拿捕しました。

1.被疑者:金 鳳春(キム ボンチュン)(52 歳)船長(漢字名は自称)

2.被疑船:15スソン

(いか釣り漁船、総トン数:82トン、被疑者を含む7名乗船、船籍港:東海市)

3.違反内容

排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律第12条違反(漁具規制違反罪)の疑い

4.逮捕状況

2013年12月7日午後9時17分、同船船長を排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律第12条違反(漁具規制違反罪)の疑いで現行犯逮捕

5.漁業取締船

白嶺丸(はくれいまる)(499トン、船長:柳澤 利政)

参考文献




「和歌山県串本沖でタグボート座礁」事件

年月日 2013年12月10日
加害者 韓国籍の男性船長(60)

事件の概要

発達した低気圧の影響で、和歌山県内でも2013年12月9日夜から広い範囲で強風が吹き、10日未明には和歌山市の中心部で最大瞬間風速30・6メートルを観測。串本町沖ではタグボートが浅瀬に乗り上げたほか、JR線でも乱れが出た。

串本町では10日午前4時20分ごろ、動鳴気漁港沖約500メートルで、韓国船籍のタグボート(160トン、乗組員4人)から「浅瀬に乗り上げて動けない」と第5管区海上保安本部に連絡が入った。乗組員4人はヘリコプターで救助されてけがはなく、浸水や油の流失はみられないという。

海保によると、タグボートは千葉から韓国へ航行中だったが、悪天候のため9日午後から停泊していたという。

和歌山県串本町沖で10日から座礁したままとなっている韓国船籍のタグボート(160トン)について、船内に残った重油の回収作業が16日、始まった。天候などが安定し作業が順調に進めば、20日頃に終了する予定という。

タグボートと台船ともに船底が破損したため、燃料用や発電機に使う重油が流出。一時、台船からの重油が油膜状に南東方向に長さ約3キロ、幅約200メートルに広がった。周辺には拡散を防ぐオイルフェンスなどが設置され、現在のところ漁業に大きな影響はないとみられている。

重油の回収作業は、午前11時に始まり、タグボートから約150メートル離れた海岸からホースを伸ばし、ポンプによる抜き取り作業が行われた。いったん海岸のドラム缶に重油を集め、さらに約80メートル分のホースを伸ばして大型タンクローリーに移された。この日の作業は午後2時過ぎに終了。約20キロリットルの重油が回収されたという。

同署は「今日は天候が良く順調に作業を進めることができた。早い回収に努めたい」と話していた。

参考文献




「国民銀行東京支店 韓国人行員死亡」事件

年月日 2013年12月16日
加害者 自殺という事になっている

事件の概要

裏金づくり疑惑が発覚した韓国銀行大手、国民銀行の東京支店で韓国人行員が遺体で発見されたことが2013年12月17日、分かった。同支店に対する韓国と日本の金融当局の共同検査が一層厳しさを増すと予想される。

この韓国人行員は現地で採用され、与信業務を担当していたが、2013年12月16日午後、書庫で首をつって死んでいるのが見つかった。現地の警察が捜査に乗り出した。

日本の業界関係者は「国民銀行東京支店の韓国人行員が昨日自殺したと聞いている。裏金事件と関連があるかは確認されていない」と伝えた。また、韓国の業界関係者は「同支店に対して様々な検査が進む状況を踏まえると、裏金疑惑と無関係とは思われない」と話した。

韓国検察は11日、金品を受け取り不正融資した容疑で国民銀行の元東京支店長と元副支店長を逮捕した。2人は東京支店に勤めていた2011年ごろ、融資を受ける資格や返済能力がない企業2社から見返りを受け取る代わりに不正融資を行った疑いが持たれている。捜査がほかの行員にも広がった場合、不正融資規模は韓国金融監督院が確認した1700億ウォン(約167億円)を大幅に上回る可能性もある。

日本の金融庁は当初、不正融資問題を調査していたが、韓国で国民銀行の裏金問題が発覚したことから調査を拡大。韓国金融監督院から関連資料を受け取るとともに、16日から共同検査に乗り出した。不正融資を通じた裏金づくりは最大100億ウォン規模に達するとみられている。

一方、国民銀行の李建鎬(イ・ゴンホ)頭取は2013年11月27日、韓国国民に向けて不祥事を謝罪し、刷新の姿勢を示した。それにもかかわらず波紋は広がっている。東京支店行員死亡のニュースに銀行側はショックを隠しきれないようだ。同行関係者は「まだ事実関係を把握できていない」とだけ答えた。 

参考文献




「対馬沖で外国船衝突、タンカー炎上」事件

年月日 2013年12月29日
加害者 

事件の概要

第7管区海上保安本部(北九州市)に入った連絡によると、2013年12月29日午前2時10分ごろ、長崎県・対馬の北西約37キロの対馬海峡の公海上で、香港船籍のケミカルタンカー、マリタイム・メイシー号(約2万9千トン、乗員27人)と、バハマ船籍のコンテナ船グラビティ・ハイウエー号(約5万5千トン、乗員64人)が衝突。タンカーで火災が起きた。乗組員は救命艇で避難し、全員無事という。

タンカーの要請を受け、韓国海洋警察庁の警備艦と7管の巡視船艇など約20隻が消火活動にあたった。消火しながら漂流し続け、夜には一時、対馬沖の日本領海内に入った。

タンカーは化繊原料パラキシレンなど可燃性の化学物質約3万4千トンを積み、韓国・蔚山(ウルサン)から中国・寧波(ニンポー)に向けて航行中だった。コンテナ船は韓国の造船所で建造中で、現場海域を試験航海していたという。

参考文献




「タンカーと貨物船衝突」事件

年月日 2014年1月11日
加害者 

事件の概要

2014年1月11日午前2時40分ごろ、長崎県・対馬の西約22キロの公海上でマルタ船籍の貨物船「リガリ」(3万8851トン)から「タンカーと衝突した」と第7管区海上保安本部(北九州)に連絡が入った。けが人はなく、両船とも自力で航行できるという。

対馬海上保安部によると、タンカーは韓国船籍の「ディーエル・サンフラワー」(2万8519トン)で、ガソリンなどを積み、韓国からフィリピンに向かっていた。周辺海域に貨物船から流出した燃料油とみられる油が浮いており、対馬海保などが処理作業をしている。

参考文献




「対馬沖EEZ内で操業韓国漁船」事件

年月日 2014年2月27日
加害者 李東範(53)

事件の概要

比田勝海上保安署(長崎県対馬市)は2014年2月27日、対馬市沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業していた韓国の底引き網漁船「チャンデ号」(4・86トン、1人乗り組み)を 拿捕 ( だほ ) し、船長の李東範容疑者(53)を漁業主権法違反(無許可操業)容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、同日午前10時30分頃、日本の許可を受けずにEEZ内で操業した疑い。「操業はしていたが、EEZ内には入っていない」と容疑を否認しているという。

参考文献




「和歌山沖で自動車運搬船火災」

年月日 2014年4月19日
加害者 

事件の概要

2014年4月19日午後5時30分頃、和歌山県・潮岬(しおのみさき)の南南東約740キロの太平洋を航行していた韓国の会社が所有するパナマ船籍の自動車運搬船「ASIAN EMPIRE(アジアン・エンパイア)」から、「火災が発生し救命ボートで脱出する」と海上保安庁に通報があった。

第4管区海上保安本部(名古屋市)によると、乗組員24人(韓国人11人、フィリピン人13人)は全員、救命ボートで脱出。同11時15分ごろ、近くを航行中のパナマ船籍の貨物船に救助され、全員無事という。運搬船は漂流状態とみられる。

参考文献




「山形・酒田の沖合衝突重油流出」事故

年月日 2014年6月26日
加害者 

事件の概要

2014年6月26日午前0時50分ごろ、酒田港(山形県酒田市)の西約15キロの沖合で、鳥取県岩美町のイカ釣り漁船「福昇丸」(19トン)の船長浜田富晴さん(59)から「コンテナ船と衝突し、船が破損した」と118番があった。

酒田海上保安部によると、衝突したのは韓国籍のコンテナ貨物船「SINOKOR TOKYO(シノコー トウキョウ)」(9030トン)で漁船の乗組員3人と貨物船の趙錫洙船長ら乗組員19人にけがはない。漁船の船底タンクに穴が開き、燃料の重油約1.9トンが漏れ、海上に長さ約1キロ、幅約20メートルにわたって重油が広がっている。

漁船の船尾と貨物船の船首がぶつかっており、同海保は業務上過失往来危険の疑いで双方の乗員から事情を聴いている。

貨物船は新潟東港(新潟市)から秋田港(秋田市)に向かう途中だった。

参考文献




「神奈川県相模原市婦女暴行未遂」事件

年月日 2014年5月31日
加害者 柳昌錫[リュウ・チャンソク](22)

事件の概要

神奈川県警相模原北署は2014年6月30日、強姦未遂容疑で、私立大学3年、柳昌錫[リュウ・チャンソク]容疑者(22)=相模原市緑区橋本=を逮捕した。

逮捕容疑は、2014年5月31日午前5時10分ごろから同55分ごろまでの間、自宅で介護士の女性(22)=東京都町田市=に暴行しようとしたとしている。「キスしようとしたことはあるがそれ以上のことはしていない」と容疑を否認しているという。

同署によると、JR橋本駅近くの路上で、柳容疑者の友人が女性に声を掛け、3人で話していた。友人が去った後に柳容疑者は態度を変えて「殺すぞ」などと脅し、女性を自宅に連れ込んだという。

参考文献




「停船命令無視し逃走」事件

年月日 2014年7月12日
加害者 キム・ウンギュ(52)

事件の概要

対馬海上保安部(長崎県対馬市)は2014年7月12日、長崎県対馬市沖の日本の排他的経済水域内で停船命令を無視して逃走したとして、韓国の底引き網漁船「第1テヨン号」(96・6トン)の船長キム・ウンギュ容疑者(52)を漁業法違反(立ち入り検査忌避)容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、同日午前10時20分頃、同市にある豆酘埼(つつさき)灯台の西北西約39キロの沖合で、巡視艇「あきぐも」が第1テヨン号を発見。近付いたところ、いきなり逃走したため、マイクで停船を命じながら追跡し、約30分後に拿捕(だほ)した。

参考文献




「対馬沖韓国船と漁船衝突事故」事件

年月日 2014年7月24日
加害者 

事件の概要

2014年7月24日午前5時半ごろ、長崎県対馬市上対馬町の東北東約10キロ沖の海上で、韓国船籍のコンテナ船「BOHAI STAR」(7409トン、15人乗り組み)と、対馬市峰町東部漁協所属のイカ釣り漁船第18海宝丸(18トン)が衝突した。漁船は転覆し、江上春義船長ら乗組員3人全員が海に投げ出されたが、近くにいた僚船に助けられ無事だった。

比田勝海上保安署によると、コンテナ船は韓国から博多港に向けて航行中、漁船は漁を終えて対馬市上対馬町の比田勝港に向かう途中だったという。第7管区海上保安本部(北九州市)が事故の原因を調べている。

参考文献




「無許可で露店たばこ販売」事件

年月日 2014年7月下旬
加害者 金英子(69)

事件の概要

大阪市西成区のあいりん地区で、たばこを無許可販売したとして西成署は2014年9月2日、たばこ事業法違反と入管難民法違反(資格外活動)の疑いで韓国籍の西成区花園北、露天商金英子容疑者(69)を逮捕した。

西成署によると、最近は、一般の販売価格よりも安い1箱約300円で販売し、1日に5万円を売り上げることもあった。約15年前から出入国を繰り返し、空港の免税店などでたばこを仕入れていた。

逮捕容疑は、短期滞在ビザで日本にいた7月下旬、あいりん地区の路上で、財務相の許可を受けずにたばこを販売した疑い。「生活費を稼ぐためにやった」と容疑を認めている。

参考文献




「栃木県鹿沼市ストーカー」事件

年月日 2014年11月10日~30日
加害者 千福景(38)

事件の概要

鹿沼署は2014年12月4日、ストーカー規制法違反の疑いで宇都宮市末広2丁目、韓国籍、大学院生千福景容疑者(38)を逮捕した。同署によると、容疑を否認している。

逮捕容疑は11月10日から30日にかけて、元交際相手の鹿沼市、40代の会社役員男性に95回にわたって電子メールを送信し、面会や交際を要求した疑い。

参考文献




「対馬市梅林寺仏像窃盗」事件

年月日 2014年11月24日
加害者 金相鎬[キム・サンホ](70) 金溶晃[キム・ヨンファン](54) 李哲佑[イー・チョルウ](47)ら合わせて5人

事件の概要

長崎県警対馬南署は2014年11月24日、同県対馬市の寺から仏像を盗んだとして、窃盗の疑いで韓国人の男4人を逮捕した。うち2人は容疑を否認しているという。

対馬南署によると、逮捕されたのは、韓国の寺の住職の金相鎬(70)、農業の金溶晃(54)、会社員の李哲佑(47)ら4容疑者(職業はいずれも自称)。

韓国人4人の逮捕容疑は24日午前10時~午後1時50分ごろ、対馬市美津島町の梅林寺から銅製の仏像を盗んだとしている。仏像のほか複数の経典も持っており、対馬南署は関連を調べる。

対馬南署によると、仏像は高さ約11センチの「誕生仏」で、対馬市指定の有形文化財。24日午後2時ごろ、対馬南署に住職の男性から通報があった。その後、署員が対馬南部の厳原港で男4人を見つけ職務質問。所持品から仏像が見つかったため逮捕した。

2012年(平成24年)10月には対馬市の神社と寺から盗まれた仏像2体が韓国に持ち込まれた。うち1体の県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」について、韓国中部の大田地裁が翌年2月、日本への返還を差し止める仮処分を決定した。

仏像を盗まれた梅林寺の春田勇禅住職は、「友好のためにと贈られた『誕生仏』が被害に遭い、許せない。これまで大事に保管し、供養してきたのにこのようなことになり、歯がゆい思いでいっぱいです。対馬にはほかにもたくさんの文化財があり、妥協してはいけないと思うので、厳正な処罰を求めたい」と話していた。

「前回も国や県指定の文化財であり、今回は市の文化財ということから事前に計画しピンポイントで狙ってきたのだろう」
と対馬南署では話している。

なぜ対馬で仏像の窃盗が続くのか2012年(平成24年)の仏像窃盗犯らは、その後、韓国内で仏像の購入者を探し回っていたことがわかっており、営利目的の転売を狙っていたとみられる。

経典の一部「港で捨てた」

長崎県対馬市の梅林寺から市指定有形文化財の仏像が盗まれた事件で、窃盗容疑などで逮捕された韓国人5人が捨てたとみられる大般若経の経典約40巻が、同市内の港付近で見つかっていたことがわかった。

県警対馬南署は、5人が経典も盗み出していたとみて、近く窃盗容疑で追送検する方針。

捜査関係者によると、5人は11月24日午後、韓国・釜山行きの船が出る厳原(いづはら)港の船乗り場で職務質問を受けた際、仏像1体(高さ10・6センチ)と経典約320巻を所持していた。

寺からは市指定有形文化財の360巻がなくなっており、県警が逮捕後、残り約40巻について追及。一部の容疑者が「厳原港で捨てた」と供述した。経典は供述通り、同港付近で見つかり、盗まれた経典と一致した。

僧侶金相鎬被告無罪を主張

崎県対馬市の寺から仏像や経典を盗んだとして窃盗や関税法違反(無許可輸出未遂)などの罪に問われた韓国籍の僧侶金相鎬被告(70)の初公判が2015年2月19日、長崎地裁(宮本聡裁判長)で開かれ「関与したことはない」と無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、仏像を韓国に持ち帰り、売却する計画だったと主張。弁護側は「日韓交流に尽くしており、古い経典を見つけるために来日していた」と反論した。

1人は起訴内容を否認、他の3人は認めた

長崎県対馬市の寺から市指定有形文化財の仏像などが盗まれた事件で、窃盗罪などに問われた韓国籍の男4人の初公判が4日、長崎地裁(宮本聡裁判長)で開かれ、朴奉緒[パクボンソ]被告(42)は「やっていない」と起訴事実を否認、他の3人は認めた。

認めたのは、金溶晃[キムヨンファン](55)、安承●[アンスンチョル](53)、李哲佑[リチョルウ](47)の3被告。

起訴状によると、4人は韓国籍の自称住職金相鎬[キムサンホ]被告(70)(窃盗罪などで公判中)と共謀。2014年11月24日、同市の梅林寺の文化財保管庫に侵入し、銅製仏像「誕生仏」と大般若経360巻(計約1億1000万円相当)を盗み、港の税関検査場で申告せずに韓国へ持ち出そうとした、としている。(※●は「吉」が二つ)

李哲佑被告(48)に懲役4年

対馬市の寺から市指定有形文化財の仏像などが盗まれた事件で、窃盗罪などに問われた韓国籍の自称店員李哲佑[リチョルウ]被告(48)の判決が2015年7月2日、長崎地裁であった。宮本聡裁判長は「実行犯として重要な役割を果たしていた。被害額は高額で歴史的、文化的価値も考えれば結果は重大」と述べ、李被告に懲役4年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

判決によると、李被告は2014年11月24日、韓国籍の自称住職金相鎬[キムサンホ]被告(70)(窃盗罪などで公判中)らと共謀。同市の梅林寺の文化財保管庫に侵入し、銅製仏像「誕生仏」と大般若経360巻(計約1億1000万円相当)を盗み出し、同市の港の税関検査場で申告せずに韓国へ持ち出そうとした。

仏像1体戻るも指の一部が欠損

2012年に盗まれ、韓国に持ち込まれていた国指定重要文化財「銅造如来立像(どうぞうにょらいりゅうぞう)」(高さ38・2センチ)が2015年7月18日、約2年9か月ぶりに所有者の長崎県対馬市の海神(かいじん)神社側に引き渡された。

像は17日に韓国で日本政府関係者に引き渡され、18日午前の福岡空港発の旅客機で対馬市に到着。文化庁の職員2人が同市の県立対馬歴史民俗資料館を訪れ、神社関係者に渡した。神社の保管庫は盗難時にかぎが壊されており、当面は同資料館で保管される。

引き渡しは非公開で、像は数本の指の一部が欠けていた。文化庁によると、1974年の重要文化財指定当時、左手の五指と右手の中指など三指がすでに欠けており、同庁は「盗難でさらに欠けたのかは不明」としている。

引き渡しに同席した市教委職員によると、文化庁職員から、像が盗まれた神社の保管庫内に指先が残っていないか念のため確認するよう求められたという。神社側は「少なくとも右手中指の指先は、盗まれる前はあったはずだ」としている。

如来立像は12年10月に同神社から盗まれ、窃盗団の刑事裁判終了後も韓国で保管されていた。韓国最高検は15日、「国内で所有権を主張する寺社や団体がない」とし、日本側への返還を発表。「盗難当時の所有者だった神社が(所有の)正当な権利者とみるのが相当」として返還が決まった。

一方、対馬市の別の寺で盗まれた長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつざぞう)」については、韓国の寺の訴えで移転禁止の仮処分決定が出されて返還されておらず、日本政府が返還を求めている。

参考文献




「対馬沖検査忌避」事件

年月日 2014年12月25日
加害者 李錫文(60)

事件の概要

対馬海上保安部(長崎県対馬市)は2014年12月25日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じずに逃走したとして、漁業主権法違反(立ち入り検査忌避)の疑いで、韓国のイカ釣り漁船「テーギル」(27トン)の船長、李錫文容疑者(60)を現行犯逮捕した。同日、韓国大使館が担保金を支払う保証書を提出し、早期釈放制度で釈放された。

逮捕容疑は25日午前9時15分ごろ、対馬市上対馬町沖の日本のEEZ内で、巡視艇の立ち入り検査を拒み、逃げた疑い。

巡視艇が追跡し約1時間半後に停船させた。操業していたかどうか調べる。

参考文献




「タチウオ漁獲量を過少記載」事件

年月日 2015年1月24日~2月7日
加害者 韓国籍の船長(46)

事件の概要

水産庁九州漁業調整事務所(福岡市)は、鹿児島県トカラ列島・宝島沖の排他的経済水域(EEZ)で操業していた韓国のはえ縄漁船が漁獲量を過少記載していたなどとして、2015年2月8日に漁船を拿捕(だほ)し、韓国籍の船長(46)を漁業主権法違反(操業日誌不実記載など)容疑で現行犯逮捕したと9日発表した。船長は容疑を認め、担保金の支払いを保証する書面を出したことから8日に釈放された。

発表によると、漁船は「308マングム」(29トン、乗組員10人)。1月24日~2月7日、タチウオの漁獲量を実際よりも371キロ少なく操業日誌に記載したなどの疑いがある。

参考文献




「韓国人武装すり団が再入国」事件

年月日 2015年3月~
加害者 金上煥(49) 李橿ミン(54)

事件の概要

約10年前まで日本各地ですりを繰り返した「韓国人武装すり団」の元メンバーが2015年3月以降、再び日本に入国していたことが2015年7月22日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警が6月に逮捕した韓国籍の男2人は西日本で数十件の窃盗などに関与したと供述。府警が実態解明に向けた捜査に乗り出した。

大阪市西区で5月に買い物用カートに掛けた女性のバッグを盗んだとして、府警は6月、窃盗容疑で韓国籍の金上煥容疑者(49)と李橿ミン容疑者(54)を逮捕した。捜査関係者によると、2人は武装すり団の元メンバー。金容疑者は日本での服役を終えて韓国に帰国し、3月に密入国していた。

参考文献




「サッカー選手酒気帯び運転」事件

年月日 2015年4月27日
加害者 黄圭煥(28)

事件の概要

群馬県警前橋東署は2015年4月27日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、前橋市西善町、サッカー関東リーグ1部「tonan前橋」の所属選手で韓国籍の黄圭煥容疑者(28)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は27日午前4時35分ごろ、前橋市亀里町の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

同署によると「群馬県高崎市で酒を飲み、自宅に帰る途中だった」と供述し、容疑を認めている。片側2車線の直線で、大型トラックに接触する事故を起こして発覚した。

参考文献




「東京都台場のホテル女性絞殺」事件

年月日 2015年5月2日
加害者 キム・コンウ(33)

事件の概要

東京・台場のホテルで女性の遺体が見つかった事件で、警視庁東京湾岸署は2015年5月2日、殺人の疑いで、韓国籍で住所、職業不詳、キム・コンウ容疑者(33)を逮捕した。

逮捕容疑は、2日未明ごろ、東京都港区台場の「ホテル日航東京」客室内で20代の女性の首を絞めて殺害したとしている。女性はベッドの上で死亡しており、同署で身元確認を進めている。

同署によると、同日午前7時ごろ、ホテルに近い商業施設で「飛び降り自殺を図っている男がいる」との通報があり、同署員がキム容疑者の身柄を確保。その後「ホテルで女性を殺害した」などと話した。

キム容疑者は女性と日本に旅行中で、ホテルに一緒に宿泊していた。

参考文献




「福岡市志賀島沖韓国籍コンテナ船から重油流出」事件

年月日 2015年8月11日
加害者

事件の概要

2015年8月11日午前11時15分ごろ、志賀島(福岡市東区)の北方約4キロの海上で、韓国籍のコンテナ船(3997トン)から燃料のC重油が流出したと福岡海上保安部に通報があった。長さ約1キロ、幅約300メートルの範囲で油が浮き、海保の巡視船などが吸着マットを使い、除去作業をした。

海保によると、船が浅瀬に乗り上げたため、燃料タンクに穴が開き、油が流出した。韓国人とミャンマー人の乗組員15人にけがはない。

船は博多港から島根県の浜田港に向かっていた。

参考文献




「韓国籍の女子ゴルファーが3億円申告漏れ」事件

年月日 2015年12月9日
加害者 李知姫[イ・チヒ](36)

事件の概要

日本女子プロゴルフのトップ選手の1人、李知姫[イ・チヒ]選手(36)=韓国籍=が、大阪国税局の税務調査で、所得の申告漏れ約3億円を指摘されていたことが2015年12月9日分かった。韓国で税務申告していたが、日本でも納税義務がある居住者に該当すると判断された。無申告加算税を含めた追徴税額約2千万円は納付済みとみられる。

関係者によると、李選手は日韓でゴルフツアーの賞金やスポンサー収入などがあり、韓国でのみ所得税の申告を行っていた。しかし大阪国税局は、李選手が関西に拠点を置き、長年にわたり日本ツアー参戦のため年間9カ月程度は国内にいることから、日本の居住者であると判断。平成25年までの5年間で約3億円の申告漏れを認定した。

ただ、韓国での納税分を調整したほか、収入が源泉所得税を天引きされていたことから、追徴税額は約2千万円となった。

日本女子プロゴルフ協会によると、李選手は12年に日本のプロテストに合格。今季はツアーで2勝し、獲得賞金は5位だった。

参考文献




「韓国籍コンテナ貨物船 漁船衝突転覆」事件

年月日 2016年2月20日
加害者 高逢規(23)

事件の概要

大分県・姫島沖の周防灘で底引き網漁船が転覆した事故で、徳山海上保安部は22日、韓国籍のコンテナ貨物船「SINOKOU INCHEON(シノコーインチョン)」(3625トン、17人乗り組み)の2等航海士で、韓国人の高逢規容疑者(23)を業務上過失致死などの疑いで逮捕した。
発表によると、高容疑者は2016年2月20日午前0時頃、現場付近を航行中、山口県防府市三田尻、漁業阿部敏光さん(83)の漁船「敏丸」(4・97トン)に衝突、転覆させて阿部さんを死亡させた疑い。

参考文献




  • 最終更新:2016-04-01 22:04:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード