在日外国人の姑息な犯罪手口

カナダ国籍で悪行三昧

日本に滞在する外国人の犯罪には、国別に大きな特徴がある。一昔前、自動車盗といえばまずロシア人が挙げられたが、現在の事情は変化している。警察庁が発表した資料「H24上半期来日外国人犯罪の検挙状況」によれば、日本の自動車窃盗犯でトップに挙げられているのは「カナダ人」だ。自動車盗で検挙された在日外国人のうち、カナダ人は49%の比率を占めている。犯罪数の多い中国人や韓国人に比べ馴染みの薄いカナダ人が自動車盗に限るとほぼ半数を占める、というのはかなり特徴的だろう。カナダ人単体の犯罪手口比率では、なんと95%が自動車盗だ。

カナダでは日本車が非常に人気があり、中古車であっても高値で取引される。カナダでは度量衡にメートル法が採用されているため、日本車のスピードメーターがそのまま利用出来るのも人気の理由だという。カナダ保険局(IBC)の発表によれば、2010年度の盗難車トップは2000 Honda Civic SiR 2-door。HondaやTOYOTAはどれも人気車種だ。手口としては盗難車を「ヤード」と呼ばれる中古車解体作業所に持ち込み、解体して日本国外へ輸出する方法が一般的。ヤードは埼玉県、千葉県、愛知県を中心に全国1400箇所ほど存在している。

ところでこの「カナダ人」だが、金髪青目の白人だけを想像してはいけない。確かに白人系は人口の83.7%を占めておりアメリカに比べて黒人の比率は非常に少ないが、近年は中国系、韓国系移民のカナダ人が急増。永住権を取得した後に資産だけを移し、実際には居住せず納税しないケースも横行しているため、カナダ政府は外国人に永住権を与える移民プログラムを大幅に見直す方針を発表。現地の中国人社会には動揺が広がっているという。

国籍を変え、あの手この手で犯罪に手を染める不良外国人たち。「カナダ人」と「車」のキーワードが組み合わさったら、要注意だ。

参考文献




在留資格を取得するための偽装結婚

外国人女性が日本で在留資格を得るための偽装結婚に、新しい方法が使われ始めていることが愛知県警の調べでわかった。日本人と結婚して在留資格を得て離婚後、海外から来た同胞人と結婚、出産――。偽装結婚を足がかりに、国内で「偽装ではない」家庭を築くのだという。

昨年8月16日夜、名古屋市中区栄地区のパブ「メンバーズLin」に県警国際捜査課の捜査員十数人が踏み込んだ。従業員に偽装結婚の疑いがあった。

開店直後だった店内は日本人男性客らでにぎわっており、20代半ばから30代後半の中国人ホステス18人がいた。ホステス全員が日本人男性との結婚や留学目的で在留資格があり、違法性はなかった。うち3人は在留資格を更新し続け、すでに永住資格を得ていた。

これは偽装結婚から金銭的利益を得ようとする男性だけではなく、本当に恋愛&結婚を望んでいる純粋な日本人男性も利用されていそうな記事内容ですね。
日本人男性は全員、外国人との結婚に関しては、日本人同士の結婚以上に細心の注意を払いましょう。
どんな甘い言葉やその手のテクニックを多用されても、舞い上がった状態で結婚を決めてはいけません。冷静になりましょう。両親に必ず相談しましょう。
そして、今一度、「日本国籍には日本人が思っている以上に価値がある。」という事実を再考してください。
舞い上がって、その気になって、気軽に結婚した結果、自分の戸籍に傷が付き、日本の国防も危うくするような事態に陥らない事を祈ります。



  • 最終更新:2014-05-27 00:50:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード